和樂(日本版)茶の湯と民藝2021年12月刊

無名の職人たちが日常生活のためにつくった実用品に「美」を見つけ出した柳宗悦。柳が「民藝」を提唱する前には、そうした日用品に積極的な評価を与える者はいませんでした。「あれ、この構図はどこかで見たような……」。想像どおり、同じような価値変換をした日本美のパイオニアのひとりが、安土桃山時代の茶人、千利休です。実は、柳は民藝運動のなかで、茶道に並々ならぬ関心を抱いていました。その「民藝=柳」の茶にスポットを当て、利休のわび茶と比較しながら、巨人ふたりの美の足跡を検証してみましょう。

微信扫码借阅

书 号:4910098451218

尺 码:230×295×13毫米

页 数:226页

重 量:750克

问藏价:184元

安全与卫生

图书绝大多数为全新,限量旧书也已全面清洁,请放心借阅。

您可能还喜欢